生理前の肌荒れにはオカラが良いかも!

生理前ってどうしてこんなに肌が荒れてしまうんでしょうかね。

私の場合は、生理が始まる2~3日前になると肌の角質がボロボロになって、ちょっとした刺激でも顔が赤くなったりしてしまいます。

こうなってしまうと、化粧水で潤いを与えようが乳液やクリームで保湿しようが、なんの変化も見られず憂鬱になってしまいます。

生理前の肌荒れの原因というのはホルモンバランスの乱れだそうです。

ホルモンバランスが乱れやすい生理前は、イライラしたりだるくて一日中睡魔に襲われたりと体の不調も出やすいですよね。

またホルモンバランスが乱れると皮脂が過剰に分泌してしまうそうで、それが原因で肌もニキビができたり荒れてしまうそうです。

でも、生理前の肌荒れは本当に勘弁して欲しいので何か改善する方法はないかとあれこれ調べていると、イソフラボンが女性ホルモンを増やしてくれるそうで、ホルモンバランスも整えてくれるので、イソフラボンがたっぷりのオカラを生理前に食べることで、肌あれを事前に防ぐことができるんです。

私もこれを知ってから試してみましたが、生理痛も和らぐし、肌あれもそれほどひどくなくなったのでイソフラボンすごいぞって思いました。

ただ、食べ過ぎると生理の量が多くなったり逆効果になるので、適度な量を食べるようにすると良いですよ。

また、肌荒れやニキビに関する情報は「ニキビ対策、ニキビケアおすすめ商品」のページも参考になります。

頭皮ニキビはやっかいなものです

頭皮ニキビに悩まされている人も多いと思われます。

そして、頭皮という部分は、ケアするのが難しい部分だといえます。そのため、いったんニキビができてしまうと、どうしたらいいのか本当に困ってしまいます。

頭皮ニキビの大きな原因として、まず考えられることは、シャンプーなどが合っていないということです。

自分に合わないシャンプーというものは、髪や頭皮に負担がかかってしまいます。また、刺激も強いことになります。

そういったことの積み重ねがニキビを引き起こしてしまうといえるでしょう。

また、意外に多いのが、シャンプーの際のすすぎの不十分さです。

シャンプーの際にきちんとすすがないと、頭皮にシャンプーの成分が残ってしまいます。

これもまた、ニキビの原因になってしまうのです。

また、頭皮のニキビも、顔のニキビと同様に、食生活や睡眠時間など、生活習慣と大いに関係があります。

食事内容が偏っているとか、生活が不規則だとかいう人は、そういったことを改善することから始めるといいでしょう。

頭皮も、皮膚の一部です。そう考えれば、顔のケアと同じようなことがあてはまるといえます。

タイタンの戦い(1981年度版)を見て

タイタンの戦いという映画はストップモーションを多用したギリシャ神話の映画で、ストーリーはギリシャ神話のペルセウスの話で、メデューサやクラーケンを退治する話です。

巨匠レイ・ハリーハウゼンによる映像は当時幼かった私にはとても衝撃的でした。

メデューサとの闘いの場面、ドロドロした血が物を溶かすシーンなど、は今見ても当時の感激が鮮明に蘇るくらい、印象に残っています。

また、子供の頃に見た時は素直に見ていましたが、ストップモーションで撮られた怪物たちと俳優の対決シーンは、違和感無く組み合わせられていて大人になって見返しても感激します。

また戦闘シーンは同じくレイ・ハリーハウゼンによる“アルゴ探検隊の大冒険”の骸骨剣士のシーンも衝撃的な映像でした。

ストップモーションと言えばレイ・ハリーハウゼンというくらい有名だと大人になってから知りましたが、言われてみれば私が衝撃を受けたストップモーションはシンドバッド七回目の航海などほぼ、レイ・ハリーハウゼンによるものだったと思います。

幼い頃の衝撃でストップモーションに惹かれましたが、最近はCGを多用する映画が増えてきて、時代が移り変わっていくのは少し寂しい気もします。

可愛らしい動物達の物語「ズートピア」を見ての感想

動物たちが高度な文明社会を築いた世界でウサギの女の子が警官になって活躍する物語です。

ウサギの女の子はジュディ、本来ここでのウサギの役割は農場でニンジンを作ること、そんなジュディは体が大きくて強い動物、サイやゾウなどがなれる警官にあこがれていました。

ジュディは地元の警察学校をトップの成績で卒業し、史上初のウサギの警官として大都会ズートピアにやってきたのです。

だが警察では体が小さいのを理由に署長はジュディの能力を認めようとしてくれなかったのです。

まわってくる仕事は駐車違反の取り締まりなど・・・

ジュディは何とかしてみんなに認められよう奮闘します。

そんな時ジュディは、キツネの詐欺師ニックと出会い、ひょんなことからニックとともにカワウソの行方不明事件を追うことになるのです。

カワウソを追ううちに色々わかってくる事実、ズートピアで13匹の動物が行方不明になっている大きな事件と関連していきます。

行方不明とされていた動物たちはジュディとニックのおかげで保護されましたが猛動化してしまい、その原因がわからずでした。
保護されたことで一時事件は解決となりジュディは英雄となります。

しかし、ジュディは会見で質問されたとき肉食動物を差別してしまうような発言をしてしまい肉食動物から批判をかうのです。

ニックからも距離をおかれてしまい、ショックを受けジュディは地元へ帰り農場を手伝っていました。

農場でひょんなことから肉食獣たちが猛動化した原因がわかりズートピアに戻るのです。

ニックとも分かり合え、一緒に猛動化した原因のところへと突撃するのです。

そこでニックとともに敵を倒し、本当に事件を解決したのでした。

それがきっかけで署長にも認めてもらい、ニックとジュディはコンビを組んで立派な警官になったのです。

この物語は人間の世界のように描かれており、差別問題なども組み込まれていてとても考えさせられる映画だと思いました。

世界観も壮大で大人が見ても引き込まれるものでした。